川崎市宮前区のクリーニング店

スーツクリーニング

スーツクリーニング

スーツクリーニング

2種類のクリーニング方法で汚れを落とす

2種類のクリーニング方法

当店はスーツの汚れの種類によって、お客様にクリーニングの方法をご提案致します。
スーツのクリーニングには、ドライクリーニングとウェットクリーニングの2種類があります。
ドライとウェットの違いは有機溶剤(石油のようなもの)で洗うか、水で洗うかです。
その洗剤の違いによって、落とせる汚れも仕上がりも変わります。

 

ドライクリーニング

ドライクリーニング

ドライクリーニングは有機溶剤で油汚れを落とします。
※ウール(スーツの主な素材)などの洗濯できない素材を、有機溶剤(石油のようなもの)で洗います。
有機溶剤は油汚れを落とすのに向いていますが、食べ物や汗などの水溶性の汚れは取れません。

この様な特徴があります。
・皮脂や口紅などの油汚れが取れる
・型崩れしにくい
・汗などの水溶性の汚れが落ちない

 

ウェットクリーニング

ウェットクリーニング

ウェットクリーニング(汗抜き)は水で汗と食べ物汚れを落とします。
水を使って汚れを落としますが、いわゆる洗濯とは違います。
クリーニング店の知識や技術を使って初めて可能なサービスです。

この様な特徴があります。
・汗、食べ物の汚れなどが落とせる
・さっぱりとした洗い上がりが楽しめる


W(ダブル)クリーニングは、ドライクリーニングとウェットクリーニング(汗抜き)の2つの洗いを行うことです。

 

クリーニングQ&A

スーツについての質問です

Q,有機溶剤で洗うとはどういう事ですか?

それは簡単に言うと水ではなく油で洗うのです。
そのため、油成分の強い汚れ(わかりやすい例だと、中華料理の食べ汚し)は、水で洗うクリーニングよりもドライクリーニングのほうが落としやすいと言えます。(もちろん、しみの種類や時間の経過により、クリーニングとは別途しみ抜き作業が必要な場合もあります)

Q,スーツの折り目加工とは?

折り目加工とは薬剤を噴射し熱を加えることでズボンのセンターラインにクセ付けします。
折目加工の形状記憶で折り目が持続します。
着用を繰り返したり雨で濡れたりなどすることでプリーツが消えてしまうことがあります。
ウールのスーツの場合、ウールという素材の特徴からもともと水に弱い繊維と言われています。
その為、水である雨がウールの生地にしみ込むことで元々あったカタチ、つまりプリーツの折目が一度リセットされてしまいます。
乾く前に折目をキープさせておき、その状態のまま完全に乾燥するのを待てば折目は残ります。

Q,スーツに付いたシミは落とせますか?

染みは時間が経てば経つほど落ちにくくなり、変色してしまいますので早くクリーニングすると、染みの取れ具合にも大きく影響します。
染みがついた時にその染みが何であるか忘れないようにメモを取っておいてくださると原因がわかり、ひどい染みでも後で落とせる可能性が非常に高くなります。

スーツの料金表

品名 料金
スーツ上下 1320円〜
スーツ(三揃い) 1760円〜
礼服 1430円
ジャケット 770円〜
婦人スーツ上下 1320円〜
※掲載価格は税込価格となります。